ハワイの移住情報、ハワイ・インターンシップ(J-1ビザ)、留学ならハワイロードにお任せください。夢を全力でサポートいたします。

Contact Us

ハワイ最高額の土地はカハラの一等地で4000万ドル

  • ハワイ最高額の土地はカハラの一等地で4000万ドル

画像

カイルアビーチの大邸宅は地元最高値の2400万ドル

ここ数年高騰し続けた不動産ブームに伴って、ハワイの土地や住宅の価格はウナギ上り。やや落ち着きを見せてきてはいるものの、地元紙などによると、オアフ島屈指の高級住宅地カハラ地区の中心にあるカハラアベニュー沿いでオーシャンフロントの更地3区画に計4000万ドル(約46億7700万円)の価格が付き、ハワイ最高額の住宅地としてハワイ不動産史上の記録をマークしたそうです。

画像

このエリアは閑静な住宅街で住居用としてだけ開発が許可され、1区画1住居のみ建設が認められます。なお、1区画だけを購入する場合は各1350万ドル(約16億円)。ちなみに、カハラでは1988年に建設された邸宅が2900万ドル(約34億円)で今年売却されています。

画像

かつて全米No1に輝いた美しいカイルアビーチにある大邸宅が、ウィンドワード地区の住宅としては最高値の2400万ドル(約28億円)でこのほど売却されました。売主は地元カーディーラーのオーナーで、1999年に300万ドルで購入。敷地面積は6万平方フィート(約5500㎡)で、推定300万ドルを費やして家屋を建設。母屋だけで1万1600平方フィート(約1080㎡)あり、6ベッドルーム、4バスルーム(浴室)、2ハーフバスでプール付き。さらに、7300平方フィート(約680㎡)の広さで、4ベッドルーム、4バスルームのゲストハウスが併設され、テニスコート、ジム、サウナまであるというから驚きです。

画像

楽園ハワイと言われますが、世界有数のリゾート・ワイキキを擁するホノルルは土地が少なくて物価が高いだけに、「全米で暮らしやすい都市トップ5」では100位のランク外。逆に、「億万長者が占める割合の大きな都市」ではホノルルは何と10位。比率でみると、住民の約12.5%が億万長者!? ホノルルは裕福なリタイア者が移住して来たり、大企業のCEO(最高経営責任者)クラスの高額所得者が多く集まるからだそうです。

画像

米国での企業トップと一般労働者の所得間格差は「ほとんどが中流」と考えている日本とはケタ違いで、ますますその差は拡大傾向。地元紙に掲載されたハワイにある大企業のCEO10人の所得(給与、ボーナス他)をみると、2005年のトップはアレキサンダー&ボールドウィン社のアレン・ドウン氏の489万4843ドル、2位はバンク・オブ・ハワイ・コーポレーションのアラン・ランドン氏で397万6217ドル、3位はハワイアン・テレコムのマイケル・ルレイ氏の191万5010ドル。これは、彼らのわずか1年間の所得なのです。
これに対し、ホノルルで子供がいない中間管理職の夫婦が普通に暮らすには、地元紙の報道では年間約13万ドルが必要だそうです。

わたしのような庶民にとっては、「う~ん!?」というのが本音で、お後がよろしいようで。

この記事へコメントする

CONTACT US