ハワイの移住情報、ハワイ・インターンシップ(J-1ビザ)、留学ならハワイロードにお任せください。夢を全力でサポートいたします。

Contact Us

ハワイ出張中の茅ケ崎市・副市長が事故死

waikiki-surfing01

■ワイキキビーチ沖でサーフィン中と地元紙■

 ハワイ時間24日(金)にホノルル市庁舎で行われた姉妹都市友好協定の締結式に出席した神奈川県茅ケ崎市の木村竹彦・副市長(63)が、翌25日(土)午前7時半(日本時間26日午前2時半)ごろ、ワイキキビーチ沖合で事故死していたことが分かった。木村・副市長は今月21日に茅ケ崎市を出発。公務でホノルル市に出張中だったが、25日夕の航空機で帰国する予定で、つかの間の休息を楽しもうとして、災難に見舞われたらしい。

 地元紙などによると、木村・副市長は25日午前7時半ごろ、ワイキキビーチにあるデューク・カハナモク像の沖合で、サーフィンをしていたところ、何らかの災難に見舞われ、反応が無い状態で発見された、という。警察や救急医療報告書によると、時間が朝早かったため、ワイキキビーチに常駐している当番のライフガードが任務に就く前に今回の事故が起きたらしい。木村・副市長は発見後、救急車で地元のストラブ・クリニック&病院に搬送されたが、死亡が確認された。

duke-kahanamoku01

 茅ケ崎市によると、葬儀・告別式の日程や喪主は未定。木村・副市長は茅ケ崎市出身で、市企画部長などを歴任の後、2011年9月から現職。同市では「公務に問題はなかった」としている。

 ホノルル市と茅ケ崎市は、ビーチやサーフィン、アロハなど、共通の文化的な背景に基づいて姉妹都市友好協定を締結。同日、ハワイ商工会議所と茅ヶ崎商工会議所が初の姉妹商工会議所の協定にも調印していた。

◎ホノルル市

HP: www.honolulu.gov

この記事へコメントする

CONTACT US