ハワイの移住情報、ハワイ・インターンシップ(J-1ビザ)、留学ならハワイロードにお任せください。夢を全力でサポートいたします。

Contact Us

ハワイは11月16日から公共の場所がほぼ全面禁煙へ

  • ハワイは11月16日から公共の場所がほぼ全面禁煙へ

画像

全米で最も厳しい新禁煙法を施行

ハワイ州は11月16日(木)から、公共の場所をほぼ全面禁煙とする新法「Healthy Air & Workplace Law(ヘルシーエアー&ワークプレイス法)」を施行します。タバコを吸わない非喫煙者の健康を間接喫煙の被害から守るのが狙いとされています。州や郡が指定する公共の場所とその出入口から20フィート(約6m)以内が禁煙となります。レストランやバー、スポーツ施設などでの喫煙は違法となり、個人の違反者には$50(約6000円)、企業は初犯の場合は$100、2度目の違反は$200、その後の違反は$500(約6万円)の罰金が科せられます。

愛煙家はますます片身の狭い思いでしょうが、もちろん旅行者や短期滞在者も対象なので、ハワイ滞在中は公共の場所での喫煙には注意が必要です。タバコを吸う際には必ず喫煙可能かどうかを確認するよう、どうぞお気をつけください。

企業のオーナーらはこの州法を説明する看板に1インチ(約2.5cm)以上の文字サイズを使って明示する義務があり、看板には世界的に使われている禁煙マークを使用することなどが定められています。

画像

【禁煙となる主な公共の場所】

A レストラン、バー、ナイトクラブ
B ショッピングセンター
C 空港、公共交通機関(バス・タクシーなど)
D ホテルのロビーや通路
E スポーツ・アリーナ、屋外アリーナ、スタジアム、円形競技場等の座席部分
F チャイルドケアや介護施設に使用している個人の住居など

【喫煙が許可される場所】

個人の住居、ホテルなどの宿泊施設の喫煙室(客室数全体の20%まで可能)、民間もしくは半官半民の老人ホームや長期ケアホーム(施設)など
画像

主な公共の喫煙可能エリア
A ホノルル国際空港屋外エリアの国際線ターミナル
(1)インターアイランド・ターミナルと国際線到着ビルの間1階中央部分
(2)1階ダイアモンド・ヘッド側グループツアー・エリア(屋根、囲いのない部分)
(3)屋根、囲いのない公共駐車場、および各レンタカー会社駐車場
(4)2階チケットカウンター前の道路中央帯
(5)駐車場の5階
B インターアイランド・ターミナル
(1)1階インターアイランド・ターミナルと国際線ターミナルの国際線到着ビル間、海側グループツアー・エリア
(2)駐車場の7階
C コミューター・ターミナル
(1)コミューター・ターミナルの前の道路中央帯
(2)公共駐車場
D ビーチや海洋生物保護区指定のハナウマ湾を除く公園

画像

【主なホテルの対応】

◇シェラトン・ホテル&リゾート・ワイキキ

ホテル内に喫煙所を設け、喫煙室は客室全体の20%に削減されるため、喫煙室を確約することはできず、あくまでもリクエストのみとなります。禁煙室での喫煙が発覚した場合、その部屋を禁煙室に戻すためのディープクリーニング代として$200が請求されます。

<指定された喫煙所>

▽シェラトン・ワイキキ

25階から29階の客室
2階宴会場の外の回廊

▽ザ・ロイヤル・ハワイアン
タワーウィングの7階、10~12階、14~17階
タワーウィングからココナッツグローブに向かう階段を降りた場所
ココナッツグローブからホテルを見て、右側にある“Newt Store”前のベンチ

▽シェラトン・モアナ・サーフライダー
館内や客室での喫煙は全面禁止

▽シェラトン・プリンセス・カイウラニ
プリンセス・ウィング11階
カイウラニ・ウィング7~9階
アイナハウ・ウィング9~11階
カラカウア通りのABCストアとホテルの路地を入った、入り口手前
ホテルの駐車場の階段左側の場所

◇ウェスティン・ホテルズ&リゾーツ(オーナー:スターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワイルドワイド)

昨年からすでに77のホテルは全室禁煙

画像

◇マリオット・ハワイ

全米最大のホテル・チェーン、マリオット・インターナショナルはハワイの6ホテルで館内の全面禁煙を進めるだけでなく、同社の米国とカナダにあるマリオット、JWマリオット、リッツカールトン、ルネッサンス、コートヤードなどのブランドを含む2300ホテル、約40万室すべてで禁煙を実施しています。同社では20年前にホテル全室の約半数を喫煙者用に割り当てたが、年々利用者が減少。現在では要望は5%に落ち、タバコの煙に対する苦情が出ているところから全室禁煙に踏み切ったそうです。違反者には$200から$300の違約金が科せられます。

▽ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ
16日より館内は全面禁煙。次の喫煙所を設置予定
ケアロヒラニタワープールデッキ
プアレイラニテラス(宴会時は利用不可)

▽ マリオット・イヒラニ・リゾート&スパ
館内は全面禁煙。喫煙所は次の通り
シャトル停留所(スパ棟前)
プールとビーチの間
オーシャンホワイエ脇の池の辺り
▽カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチクラブ
館内は全面禁煙。喫煙所は次の通り
海沿いの歩道(芝生、ビーチを含む)
キロハナタワー、ハウプタワー海沿いの歩道
ハウプタワーパーキング入り口
カヒリタワーとアウパカテラス間の中庭
プナコート、カウアイコート、ニイハウコートに面する中庭

▽ワイレア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ
館内は全面禁煙。喫煙所は次の通り
海沿いの歩道
ホテル前のバスステーション付近

▽ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ
館内は全面禁煙。喫煙所は次の通り
カメハメハウィング1 階 Lamonts store からの階段下
1階ハワイイコールズレストランへ続く階段の下
ナルズレストランから15フィート(約4.6m)海よりの小道

▽ルネッサンス・ワイレア・ビーチ・リゾート
館内は全面禁煙。喫煙所は次の通り
ホテル玄関前
マウイオニオン脇の芝生

画像

ハワイでは、2002年7月に他島に先がけてオアフ島で、建物内のレストラン全席が禁煙席となり、レストランと分離されたバーでの喫煙も2003年6月限りで禁止。マウイ、カウアイ、モロカイ、ラナイ各島に於けるレストラン禁煙法は、2003年1月から施行され、レストランとバーでの喫煙は全面的に禁止されていました。このレストラン禁煙法では、違反者に対し、初犯は$100、再犯は$500までの罰金を科せていました。

この理由として、タバコの副流煙の悪影響が生命に危険を及ぼすことが明確になったことが挙げられています。米国では間接喫煙によって年間53000人の命が奪われているそうです。また、最近の研究で、タバコの副流煙によって職場で働く健康な人の心臓や呼吸器機能に明らかにマイナスの影響が出ることをも立証されています。

ちなみに、ハワイ州政府は9月30日に、6年連続でタバコ税を引き上げ、今年は現行の1箱$1.40から$1.60となりました。2011年までに$2.60まで引き上げられる予定です。

画像

◎ハワイ州新禁煙法

実施日:11月16日から
問い合わせ:(808) 586-4613 ハワイ州衛生局
ホームページ:www.hawaiismokefree.com
※ホテル関連は各ホテルのゲストサービスへ直接お問い合わせください

この記事へコメントする

CONTACT US