ハワイの移住情報、ハワイ・インターンシップ(J-1ビザ)、留学ならハワイロードにお任せください。夢を全力でサポートいたします。

Contact Us

ハワイ諸島間を結ぶ新航空会社 go! が6月9日初就航

  • ハワイ諸島間を結ぶ新航空会社 go! が6月9日初就航

画像

ハワイ諸島への訪問がより便利で安く!

6月9日(金)からホノルル – ネイバーアイランド間の航空路線に、米本土からメサ・エア・グループが新規参入します。エアライン名は「go!」というユニークなネーミングで、ホノルルを拠点にカフルイ(マウイ島)、カイルア・コナ(ハワイ島)、リフエ(カウアイ島)間を1日32便運行。6月30日(金)からホノルル – ヒロ(ハワイ島)間が加わり、1日62便となる予定です。ホノルル国際空港での離着陸は、コミューター・ターミナルを利用することになります。

特に話題となっているのが運賃で、9月30日(土)までは片道$39、往復$59という破格の安さ。すでに他社も価格的に追随する動きを見せるなど、市場に大きなインパクトを与えており、ホノルルと隣島間フライトの料金競争が激化する可能性もあります。

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ(HTA)のフランク・ハース氏は、こうした動きについて「消費者へ提供する価格と航空会社の利益のバランスは重要だ」との考えを示し、競争の激化で共倒れとなることに懸念を表明。ただし、格安価格の座席は限られており、一時的な影響にすぎない、という声もあるようです。

ハース氏は、日本市場への影響については「オアフ島から各島へ日帰りツアーに出かけていた人が多く、隣島の魅力を伝えるきっかけとなれば良い」とも付け加え、歓迎の意向のようです。

メサ・エア・グループは1982年の創業。全米45州172都市で180機が運行中。go!の航空機はカナダのモントリオールに本社があるボンバーディア社製のCRJ200機。時速約500マイルで、高度4万1000フィートでの飛行が可能となっています。

この記事へコメントする

CONTACT US