ハワイの移住情報、ハワイ・インターンシップ(J-1ビザ)、留学ならハワイロードにお任せください。夢を全力でサポートいたします。

Contact Us

汚染されたアラワイ・ヨット・ハーバーに転落した男性が死亡

  • 汚染されたアラワイ・ヨット・ハーバーに転落した男性が死亡

画像

バクテリアに感染し重体 – 家族が延命装置を外す措置

4月1日金曜日未明、未処理の下水で汚染されたアラワイ・ヨット・ハーバーに転落したオリバー・ジョンソンさん(34)が7日亡くなっていたことが分りました。実は、このオリバーさんはハワイロードスタッフの知人で、「まさか近所に住む知人がこんなことになるなんて・・・」と、スタッフはショック状態。周辺の環境や衛生面への影響が懸念されていたアラワイ運河への下水の放出でしたが、悲しい犠牲者が出てしまいました。

1日、クイーンズ・メディカル・センターに搬送されたオリバーさん。同日未明、酒に酔って誰かと喧嘩(けんか)をしたことから自宅近くのアラワイ・ヨット・ハーバーに転落し、当時、このあたりの海にはアラワイ運河から流れ出た未処理の汚染された下水が大量に蔓延していました。

画像

オリバーさんは運河に落ちた際、かなり負傷し、傷口から組織が壊死をおこすバクテリアに感染して全身が腫れ上がったうえ、左足を切断。内臓は臓器不全まで併発して重体に陥っていたのですが、7日夜、フロリダから駆けつけた家族の意思で生命維持装置による延命装置が外され、亡くなったそうです。

遺族は「息子を死なせた原因を知りたい。これは単なる死亡事故ではない」と語り、弁護士を立てたうえで、オリバーさんが転落した原因や感染症の責任追及などを行うと公表。事故当日、オリバーさんは「近くのバーで酒を飲んだ後、誰かにヨット・ハーバーに投げ込まれた」と、ホノルル警察の関係者に話しており、すでに同警察では暴行・傷害致死事件として捜査をはじめ、オリバーさんがアラワイ・ヨット・ハーバーの海に落ちた当時の目撃者などの情報を求めています。

一方、地元紙の報道によると、3月24日に大量の未処理の下水をアラワイ運河に放出するきっかけになったワイキキ・カイオル通りの地下に埋設してあるコンクリート製の下水管のヒビ割れは2年前に非常に危険な状態であるとの報告をホノルル市がコンサルタント会社から受けていたことが明らかになっています。

画像

これが事実とすると、ホノルル市はこれまで放置していた責任を問われる可能性があり、当時「下水を運河へ放出することへの不安は分るが、これ以上の災害を防ぐには、残念ながら他に方法がない」という言い分はもろくも崩れ去ることになりそうです。オリバーさんが汚染された海に落ちた原因究明とともに、オリバーさんの死は不可抗力ではなく、「人災」としての位置づけが色濃くなってきています。知人のスタッフとともに、オリバーさんのご冥福をお祈りいたします。

“汚染されたアラワイ・ヨット・ハーバーに転落した男性が死亡”のコメント (1)

  1. Takashi Takehara

    ハワイといえば世界でもっとも洗練されたリゾート地と思って安心していたのですが下水が流れ込み、そこへ落ちた人が病原菌に感染し死亡するなんて考えられない初歩的な人災。これは氷山の一角でまだまだこれ以上のことが起きるのでは?と不安です。これまでのように手放しではいけない。

この記事へコメントする

CONTACT US